作曲・編曲 音楽業界

作曲家、楽曲提供のギャラ相場は?

更新日:

こんにちわ。MusicVilralスタッフです。

みなさん楽曲提供のギャラの相場はいくらくらいだと思いますか??

今回は中々聞けない楽曲提供のギャラ相場について、

私の考えを書いてみようと思います。




「AKB作家が教える。一年間で有名作家事務所を目指すスパルタ予備校」

AKB48や欅坂46、乃木坂46を手がける片桐周太郎のワンツーマンレッスン。
一年間で、有名作家事務所の所属を目指す事に特化したカリキュラム。

ネットの情報にまどわされてはいけない!!

ネットで「楽曲提供の相場」を見ると、1曲単価1〜5万円程度の相場で作曲の仕事を受けている方が意外と多いように思います。

正直言うと、プロの作曲家のギャラとしては崩壊している額です

私はこの金額で仕事を受けた事はありません。

いわゆる趣味と実益を兼ねて…という副業作曲家として、

もしくはセミプロとしてのギャラ相場ですので、専業作家を目指す人は真に受けないでほしいなと思います。

楽曲提供のギャラ。最低相場は曲単価20万円〜?

楽曲提供のギャラ。

完全買い取り(印税無し)の場合

最低相場は20万円〜くらいだと考えています。

この額を切ってくると、プロの作曲家であれば特別な事情が無い限り仕事を断るべきではないでしょうか。

また、第一線で活動する作曲家であれば、楽曲単価は何倍にも跳ね上がるでしょう。

作曲のギャラの形式→印税契約と買い取り

印税契約は、CDの売り上げ枚数、TVやラジオ・カラオケで流れた回数などを元に分配されます。

その反面楽曲の完全買い取りの場合、いくらCDが売れてもプラスのインセンティブは発生しません。

印税契約と買い取り、どっちが得??

正直あまり売れる見込みの無い場合は買い取り契約の方が得する場合が多いです。

印税契約の場合、CDが売れないと1万円を下るケースも少なくありません。

逆にCDが何万枚も売れるのが見込んでいる場合は、買い取り契約になっていると損をしてしまう可能性が高いでしょう。

印税契約でヒット曲が出た場合、何百万円、何千万円というギャラが発生する事も夢ではあります。

編曲(楽曲アレンジ)のギャラは別途?

作曲に付随して、編曲まで行った場合のギャラはどうなるのか?

買い取り契約の場合、アレンジ料金まで含まれている場合も少なくありません。

印税契約の場合やアレンジャーが別にいる場合は、基本的に編曲のギャラが別途発生することが多いのではないでしょうか?

編曲のギャラ相場は最低でも15万円〜と考えています。

有名アーティストを手がけるアレンジャー等であれば20万円〜50万円が相場なのではないでしょうか?

かなり破格で仕事を受けている人もいる。

ここまでで紹介した楽曲提供のギャラ相場は、あくまでも作家事務所に所属していたり、J-popの作曲家として生計を立てているような作曲家のギャラ相場です。

Twitterやクラウドソーシングなどで個人間で作曲の仕事を受けている方からしたら、「は?そんな高いギャラで仕事貰った事無いわ!」みたいな声もきこえてきそうではあります…。

しかしプロの作曲家が音楽だけで生計を立てる為にも、このギャラ相場を下げてはいけないと考えます。

今よりも楽曲相場の単価が下がった場合、「専業作曲家」として生計を立てる事はかなり難しくなると思います。

フリーランサーの「薄利多売」は崩壊します。

フリーランスの方で「どこよりも安く!」みたいなのを売りにしている方をたまに見かける事があります。

自分の時間を切り売りするフリーランサーは、薄利多売って無理なんです。

自分の時給を下げていくだけですからね。

自分の技術に価値を感じてお金を払ってもらわないといけないフリーランサーが「安さ」をウリにしてしまったら、もうおしまいですね。

結局は自分の能力を磨くしか無い

結局「安さ」をウリにしてしまうのって、自分の技術に確かな自信を持てていないからだと思うんです。

自分の技術に自信があって、それが魅力的なものであればどれだけ高い金額を請求されても、クライアントはしっかり支払ってくれると思います。

「とにかく安いギャラでやってくれる人を探している」みたいな仕事の先にあるのは、安い仕事の連鎖でしかありません。

「ギャラが高くてもいいからとにかく良いものを作りたい」というクライアントにしっかり価値提供していくことこそ、作曲家として生き残る方法だと思います。

まとめ

今回は「【楽曲提供のギャラ相場は?】プロの作曲家が語る」でした。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

◎Twitterフォローで記事更新をお知らせ♪

Pops作家デビューカリキュラム始動!

「AKB作家が教える。一年間で有名作曲家事務所を目指すスパルタ予備校」

“既存曲を聴くだけ”で作曲が上達する「MusicViral独自の分析術」を伝授。

AKB48や欅坂46、乃木坂46を手がける片桐周太郎の完全ワンツーマンレッスン。

一年間で、有名作家事務所の所属を目指す事に特化したカリキュラムです。

 



 

MusicViral記事作成スタッフです。
業界知識や作曲、編曲の事など、記事で徹底解説していきます!

-作曲・編曲, 音楽業界

Copyright© 【業界のトップの作曲家が多数】音楽スクール&情報サイト-MusicViral , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.