ソフト・機材

【2018年最新】アニソン作家が明かす“必要最低限”のDTMソフト音源は?

更新日:

こんにちわ。MusicViral編集長-Zです。

今回はDTMを始めたばかりの初心者が買っておくべき定番ソフトシンセ・ソフト音源をまとめてみようと思います。

初心者の段階だと知識も少なく、無駄なソフトや機材を楽器屋の店員さんに進められて買ってしまうこともしばしば…笑

上級者になっても使えるようなソフト音源を中心にご紹介していこうと思います!




「AKB作家が教える。一年間で有名作家事務所を目指すスパルタ予備校」

AKB48や欅坂46、乃木坂46を手がける片桐周太郎のワンツーマンレッスン。
一年間で、有名作家事務所の所属を目指す事に特化したカリキュラム。

一つで済ませたい人は総合音源

まずDTM初心者が買うべき音源として挙げられるのは「総合音源」と呼ばれる色々な楽器・シンセが収録されたソフト音源です。

総合音源は、それぞれの楽器の専用音源と比べると、リアル度合いで負ける事が多いです。

しかし音源はリアルであればリアルなほど良いとも言えない事が多く、むしろ総合音源の方が馴染みが良かったりします。

とりあえず一つの音源だけ買って済ませたい人は、総合音源を購入しましょう。

今回は総合音源でも「DTM初心者用」ではなく、比較的DTM上級者まで使えるものを紹介していこうと思います。

SPECTRASONICS「Omnisphere 2」

「Omnisphere 2」はTHE定番といっても良いほどDTMerに広く愛されている総合音源です。

総合音源といっても少し個性的な音が多いです。

例えばピアノを燃やしながら収録した音や、幻想的なシネマティック系のレイヤーパッドなど、劇版系(BGM系)でも映えそうな音源も多く収録されています。

個性的な音が多い印象ですが、実際はシンセからピアノ、ストリングス、ギターなどの生楽器まで非常に優れた音が収録されています。

初心者にも自信をもってオススメ出来る音源がこのOmnisphere 2です。

ReFX 「NEXUS2」

NEXUS2はトランス系、エレクトロハウス系のシンセとして一世風靡したソフトシンセです。

正式にはシンセ系音源なのですが…EDMからJ-POP、アニソンまで広く対応できる素晴らしいプリセットが用意されており、初心者には得にオススメのシンセサイザーです。

リアル系というよりはシンセ系の音色が多いですが、シンセ全般からピアノ、ストリングス、ギターなどまで幅広く音色が用意されています。

そんな理由で今回は総合音源として紹介しました。

「あ、これ聴いた事ある!」みたいな馴染みのある音が多いので、初心者にオススメの総合音源です!

Native instruments KOMPLETE

Native instruments KOMPLETEは最強のソフト音源といっても良いと思います。

ただ、なぜ三番目に紹介したかというと…初心者にはあまりにも音源が多すて悩んでしまいそうだからです。笑

ピアノやストリングス、ギター、ベース、ドラム、ブラスなど生音源はもちろん、シンセ系までそれぞれ専用音源が用意されています。

正直プロの作曲家でもKOMPLETEだけあれば仕事が出来ちゃうレベルです。

ファミレスで「メニューが多すぎると悩んじゃう…」みたいなタイプはOmnisphere 2とかNEXUS2とかの方が良いかもです。

最高級のビュッフェを楽しみたい人はKOMPLETEで決まり!長い目でみたらこれを買っておけば間違い無いですよー!

DTM初心者にオススメの専用音源

続いてDTM初心者にお勧めの専用音源をご紹介していきたいと思います!

専用音源はやはり総合音現に比べて、表現力や音質、リアルさで勝つ事が多いです。

とりあえずは総合音源を買ってみて、不満が出ていたら買い足していくと良いでしょう。

ピアノ音源

Synthogy Ivory II Grand Pianos

ピアノ音源の定番といえばIvoryです。

多くのプロが使用しているピアノ音源で、J-POPなどで馴染みのある音を奏でてくれます。

オケへの馴染みも良く比較的初心者にも扱い易いと思います。

XLN Audio「Addictive Keys 」

AddictiveKeys。Ivoryよりは少し主張が強く、ピアノを前に出したいような場合に活躍します。

プリセットが良く作り込まれていて数も多い為、DTM初心者に嬉しいピアノ音源の一つではないでしょうか?

ベース音源

IK Multimedia MODOBASS

ベース音源の新生児、MODOBASSです。

モデリング音源といわれる形式の音源で、簡単に言うと機械的に音を生成しているタイプの音源です。

その為ピッチベンドなどでベースを自由自在にうならせたり、ピックアップなどベースの設定も自由自在に組み合わせて音作りする事が可能です。

音もモデリング音源の中では非常にリアルで、凄く音楽的なベースを音を再現出来る非常に優れたベース音源です。

Spectrasonics Trilian

ベース音源の定番「Trilian」です。非常に音質が良く、DTMerに広く使われています。

キースイッチによる表現も豊富で長年定番のベース音源として親しまれてきました。

ベースはエレキベースからアコースティックベースまで用意されており、種類も豊富です。

ギター音源

Ample Soundシリーズ

ギター音源はAmpleSoundシリーズがオススメ。

指板を表示してくれるので、打ち込みしながらギターのポジション等を考える事が出来ます。

アコギのAGM、エレキのAGG、AGF、メタルをやるならAGEあたりを購入しておけば間違いないと思います。

ギターをリアルに打ち込む方法は以前記事でご紹介しました。

【裏技】打ち込みギター音源をリアルにするたった1つのプラグイン

目次1 使用するギター音源はAmpleSoundのAME1.0.1 今回は良くある簡単なフレーズをベタ打ちで打ち込みして ...

続きを見る

ドラム音源

XLN Audio Addictive drums

ドラム音源の王道Addictive drums。

発売当初、J-popのドラムの多くがAddictive drumsの音という現象が起きました。笑

ドラマー泣かせのドラム音源です。

他のドラム音源に比べてプリセットも豊富で比較的音作りもし易いのが特徴。DTM初心者にも扱い易いドラム音源です。

ドラムの音作りは凄く難しいので、初心者はAddictive drums一択だと思います。

ストリングス音源

SYMPHONY SERIES – STRING ENSEMBLE

STRINGS ENSEMBLE

初心者にお勧めのストリングス音源はこれ。オーケストラ系からJ-POPなど割と少人数の編成までこれ一つでカバーができます。

キースイッチによる奏法も多すぎず少なすぎずでDTM初心者も使い易いと思います。

モジュレーションホイールで弓を引く強さ(音量)をリアルタイムで調整出来るのも良いですね。

ブラス音源

CHRIS HEIN HORNS COMPACT

J-POPのブラスならCHRIS HEIN HORNSで決まり!

必要最低限の奏法と、ブラス系の楽器が収録されています。

プロフェッショナルにも愛されている音質を格安で手に入れる事が出来ます。

MOJO HORN SECTION

CHRIS HEINよりは少しビッグバンドよりの印象で、奏法はCHRIS HEIN HORNS COMPACTより豊富です。

筆者はこの二つを使い分けて使用しています。

ブラスを馴染ませて使いたいような場合はMOJO HORNを使う場合が多いです。

シンセ系音源

Reveal Sound Spire

Spire

Spireは非常に優れた音質と高品質なプリセットが用意されているシンセサイザー。

最近流行りのEDMやダンス系のトラックを作成する場合に欠かせないソフトシンセです。

即戦力のプリセットが多く、初心者に非常にオススメです。

まとめ

今回は「【DTM】初心者が買っておきたいソフト音源まとめ」をお送り致しました。

初心者はどの音源を買ってしまうか悩んでしまったり、知識が無い故に無駄なソフトを買ってしまったりしがちです。

MusicViralでは初心者への機材購入の手引きや、それぞれのジャンルにあった音源の紹介等も行っております。

お悩みの方はぜひ無料の体験レッスンをご利用ください♪

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

◎Twitterフォローで記事更新をお知らせ♪

Pops作家デビューカリキュラム始動!

「AKB作家が教える。一年間で有名作曲家事務所を目指すスパルタ予備校」

“既存曲を聴くだけ”で作曲が上達する「MusicViral独自の分析術」を伝授。

AKB48や欅坂46、乃木坂46を手がける片桐周太郎の完全ワンツーマンレッスン。

一年間で、有名作家事務所の所属を目指す事に特化したカリキュラムです。

 



MusicViral 編集長-Z

MusicViralの情報発信担当。
音楽業界の旬な情報や作曲に役立つテクニックをあなたにお届けしていきます。

-ソフト・機材

Copyright© 【業界のトップの作曲家が多数】音楽スクール&情報サイト-MusicViral , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.