ソフト・機材 コラム

【電源トランスを導入】予想以上の音質向上だった件

投稿日:

こんにちわ。MusicViral編集長-Zです。

皆さんは電源、電源タップには気をつけていますか??

今回は、先日購入した機材「電源トランス」の音質向上効果が予想以上に凄かった為、記事にまとめてみようと思います。




「AKB作家が教える。一年間で有名作家事務所を目指すスパルタ予備校」

AKB48や欅坂46、乃木坂46を手がける片桐周太郎のワンツーマンレッスン。
一年間で、有名作家事務所の所属を目指す事に特化したカリキュラム。

僕が導入した電源トランスはこれ!

僕が導入した電源トランスはプロケーブルの「アイソレーション電源」です。

僕が導入した理由について説明していきたいと思います。

音質向上効果が期待出来る

家庭に流れている電気ってノイズが多かったり、クリーンじゃないと言われています。

電子機器のパワーを最大限引き出す為にはクリーンな電源が必要らしく、音楽機材に置いても「クリーンな電源」というのが切っても切れない要素になってきます。

都市伝説なようで本当の話なのですが、例えば電気ケーブルを変えるだけでも音質が変化する効果があります。

電源トランスは電源をクリーンにする機械なのです。

100Vで使える

電源トランスを導入する上で100Vと200V仕様をどちらにするか悩みました。

因に100Vは一般的な家庭の電圧、200Vはエアコン等特殊な機器を使う為の電圧仕様です。

因に音楽スタジオで使用される電圧は200Vが多いです。

自宅で200Vを引く場合は工事しなければ行けない場合が殆どで、僕の場合は結構引っ越しが好きなため、100V仕様を選びました。

115Vに昇圧出来る

一般家庭に流れている電流は100Vですが、実際の音楽機材って本来115V対応の機材が多かったりするんです。

もちろん100Vでも動くんですが、本来のポテンシャルを引き出す為には115Vにしてあげる必要があります。

スピーカーやオーディオインターフェイス、パソコンなども115V専用の場合が多いです。

このアイソレーション電源は115Vへの昇圧が可能なこともこの商品を選んだ理由でした。

届いた商品はこんな感じ!

届いた商品はこんな感じ、思っていたよりもメタリックでクールでした。

見た目的にもテンションがあがります!

まずはスピーカーだけ繋ぎ変えてみる

まずはスピーカーの電源だけこちらに繋ぎ変えてみました。

すると期待通りの効果!

音の解像度と位相が格段に良くなりました。特に中高域の解像度がGoodです。

なんどか元の電源とアイソレーション電源と差し替えて聴き比べてみますが、その違いは明白です。

パソコン・スピーカー・オーディオインターフェイスを繋いでみる

次にパソコン・スピーカー・オーディオインターフェイスを繋げてみました。

するともう効果は歴然…

これは7万円の効果があるなあと思いました。

音の鮮明さ、バランスの良さ、位相の良さが格段に上がったのです。

正直なところ電源トランスを導入するまで、その効果が半信半疑だったのですが、この効果は予想以上でした。

モニター環境の試行錯誤を楽しもう

じゃああなたも今すぐに電源トランスを買うべきなのか?

と言われるとそうではありません。

現状機材でモニター環境を最大限に高める

まずすべきことは、今の機材で最大限までモニター環境を高める事です。

スピーカーの設置位置、部屋の反響などを整える事がまず大優先です。

この二つの要素はモニター環境を整える上で一番重要な要素になってきます。

スピーカーの位置を壁から遠ざけてみたり、スピーカーとスピーカーの間を縮めてみたり広げてみたり、その時どんな効果が得られるのかを考えながらモニター環境を詰めていきましょう。

電源トランス等を導入するのはその先の話ですよ!

まとめ

今回は正直半信半疑だった「電源トランス」の効果が予想以上だったので記事にまとめてみました。

みなさんも機会があれば導入してみて下さい♪

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

◎Twitterフォローで記事更新をお知らせ♪

Pops作家デビューカリキュラム始動!

「AKB作家が教える。一年間で有名作曲家事務所を目指すスパルタ予備校」

“既存曲を聴くだけ”で作曲が上達する「MusicViral独自の分析術」を伝授。

AKB48や欅坂46、乃木坂46を手がける片桐周太郎の完全ワンツーマンレッスン。

一年間で、有名作家事務所の所属を目指す事に特化したカリキュラムです。

 



MusicViral 編集長-Z

MusicViralの情報発信担当。
音楽業界の旬な情報や作曲に役立つテクニックをあなたにお届けしていきます。

-ソフト・機材, コラム

Copyright© 【業界のトップの作曲家が多数】音楽スクール&情報サイト-MusicViral , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.