作曲・編曲 コラム

【ヴォーカルディレクション法】②歌い回しの伝え方

投稿日:

こんにちわ。MusicViralの代表片桐です。

先日「【ヴォーカルディレクション法】①現場雰囲気のコントロール」についてお話ししました。

現場の雰囲気をコントロールする事によってヴォーカリストの力を120%引き出す事が可能です。

【ヴォーカルディレクション法】①現場雰囲気のコントロール

こんにちわ。MusicViralの代表片桐です。 今回は、プロのレコーディング現場だけでなく、仮歌のレコーディングの時に ...

続きを見る

今回は「【ヴォーカルディレクション法】②歌い回しの伝え方」というお話をしてみたいとおもいます。



Pops作家デビューカリキュラム始動!

「一年間で有名作曲家事務所を目指すスパルタ予備校」

東京大学や早稲田大学を目指す気持ちで音楽に挑む
一年間で、有名作家事務所の所属を目指す事に特化したカリキュラム。

AKBなどを手がける作曲家片桐周太郎が完全ワンツーマンのレッスン!
一人一人に手塩を掛けて育成する為、新規生徒は月2人までの受け付けになっております。
最後の青春をかける気持ちで…本気で「音楽作家を目指す」人にオススメです。

 

歌い回しでメロディーは変わる

まず大前提として皆さんに覚えていて欲しい事、それは「歌い回しでメロディーは変わる」という事です。

これは先日編集長が「【楽曲の採用率を上げる】仮歌の重要性と依頼方法」という記事でも解説しています。

【アニソン作家が語る】仮歌の重要性と依頼方法

こんにちわ。MusicViralの編集長-Zです。 みなさん「仮歌」とはなにかご存知でしょうか?? 今回は楽曲の採用率を ...

続きを見る

歌い回しや歌い方をコントロールし、メロディーの良さを引き出す事はヴォーカルディレクションの上で最も大切な要素です。

メロディーに影響する「歌い回しのポイント」

ではメロディーに影響する「歌い回しのポイント・ヴォーカルテクニック」を押さえていきましょう。

ヴォーカルディレクターは、歌のイメージを伝えるためにも最低限のヴォーカルテクニックの種類を知っておく必要があります。

ビブラート

ビブラートは声を揺らして波を作るテクニックになります。

ビブラートは実はとても奥が深く、大きく分けて3種類。

▼腹ビブラート
▼喉ビブラート
▼ちりめんビブラート

この三種類は同じ「ビブラート」でも、ニュアンスや聴こえ方が違い、それぞれで声の印象も変わってきます。

この辺の話は長くなるので、後日またビブラートについて書きたいと思います。

しゃくり(ベンド)

「しゃくり」=「ベンド」と呼ばれるテクニックはメロディーに最も影響する要素と言えます。

しゃくりは、到達音に向けて音をベンドさせるテクニックです。

下の音程からのシャクリ、上の音程からのシャクリがあります。

僕個人として印象的な例としては、LDHのEXILEは下からのシャクリが多く、3代目JSBは上からのシャクリの傾向が多いです。

これは作曲家や元の仮歌などの影響だったり、ディレクターのディレクションの影響なのかなと思います。

フォール

フォールは、語尾をピッチダウンさせるテクニックです。

ロックなどでよく使われるテクニックで、同じ語尾の処理に使われるビブラートよりも比較的ワイルドな印象になりやすいです。

こぶし

こぶしは演歌等に使われるテクニックです。

ビブラートに少し似ていますが、こぶしは音程をもっと大きく揺らすようなテクニック。

「声がひっくり返るような感じ」とでも言いましょうか…

演歌歌手の歌を聴いて頂ければ分かり易いかと思います!

歌い回しをどう伝えるか

仮歌やレコーディング本番のヴォーカルディレクションで、歌い回しをどう伝えるのか。

とくに作曲家にとっては「ヴォーカルの歌い回し=メロディーを左右する重要要素」と言えます。

「ここは半音のしゃくりで!」とか、

「ここは2拍伸ばしてからのちりめんビブラートお願いします!」

とか言ってわかるヴォーカリストさんなら良いのですが、全員がそうとは限りません。

自分で歌って伝える事が大切

そんな時は、実際に自分が歌って伝えるのが一番です。

決して歌が上手い必要はありません!

雰囲気だけ伝えられる程度で十分なので性別が違う場合、オクターブを変えて歌っても構いません。

とにかくどんな風に歌えばいいかイメージを伝えるためにも歌って相手に伝えることが大切です!

事前準備も大切

また、本番レコーディングのディレクションをする場合は、前もって仮歌をお手本として作り込んでおくとイメージが伝え易いです。

シンセメロなども極力歌のイメージが伝わり易いように、音符の長さ、シャクリ、ビブラートなどを作っておくと良いかもしれませんね。

そういった意味でも僕はシンセメロは「シンセリード」という音色を使ってシンセメロを“歌わせて”います。

まとめ

今回は「【ヴォーカルディレクション法】②歌い回しの伝え方」をお送り致しました♪

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

◎Twitterフォローで記事更新をお知らせ♪

◎Facebookイイネ宜しくお願いします!



Pops作家デビューカリキュラム始動!

「一年間で有名作曲家事務所を目指すスパルタ予備校」

東京大学や早稲田大学を目指す気持ちで音楽に挑む
一年間で、有名作家事務所の所属を目指す事に特化したカリキュラム。

AKBなどを手がける作曲家片桐周太郎が完全ワンツーマンのレッスン!
一人一人に手塩を掛けて育成する為、新規生徒は月2人までの受け付けになっております。
最後の青春をかける気持ちで…本気で「音楽作家を目指す」人にオススメです。

 



片桐 周太郎

片桐周太郎 作曲家・編曲家。東京都出身。SUPA LOVE所属。
AKB48やアイドル・アニソン等の楽曲提供や制作を行っている。作曲に携わったCDの総売上枚数は計り知れない。

-作曲・編曲, コラム

Copyright© 【業界のトップの作曲家が多数】音楽スクール&情報サイト-MusicViral , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.