作曲・編曲 セッション公開

【裏技】打ち込みギター音源をリアルにするたった1つのプラグイン

更新日:

こんにちわ。MusicViralの編集長-Zです。

最近はギター音源も進化して、音質・リアル差共に生の演奏に負けないくらいのクオリティーになりつつあります。

今回は打ち込みギターを簡単にリアルにするテクニックをご紹介したいと思います。

正直これは他のクリエイターに教えたくなかった、門外不出のテクニックです…

しかし、MusicViralの発展の為にも、身を切って皆さんにお教えしてしまいます…泣

実際僕が仕事で使っている打ち込みのギターは「これ自分で弾いているですか?」と聴かれるレベルに仕上げています。

みなさんも簡単に使える方法ですので、ぜひここで覚えていってくださいね!




「AKB作家が教える。一年間で有名作家事務所を目指すスパルタ予備校」

AKB48や欅坂46、乃木坂46を手がける片桐周太郎のワンツーマンレッスン。
一年間で、有名作家事務所の所属を目指す事に特化したカリキュラム。

使用するギター音源はAmpleSoundのAME

今回使用するギター音源はAmpleSoundのAMEです。

AmpleSoundのギターシリーズは非常に音質が良く、リアルな事で知られています。

AMEはDropCチュー二ングでメタル等に特化したギター音源だと思われますが、非常に扱い易くJ-POPやアニソンに置いても凄く活躍する音源です。

打ち込みギターとしてはかなり使い勝手も音質もいいですね。

今回は良くある簡単なフレーズをベタ打ちで打ち込みして使用していきます。

まずはPOPSでもロックでも良くあるバッキングギターのフレーズを打ち込みしてみました。

ベタ打ちでもなかなかリアルなサウンドです。

素の音源で一度聴いてみましょう。

波形はこんな感じです。

歪ませる前なので比較的綺麗な波形をしていますね。

まずは初心者がやりがちな打ち込みギターの音作りを再現

今回はWavesのGTRというアンプシミュレータを使用していきます。

まずはDTMの初心者がやりがちな打ち込みギターの音作りを再現してみました。

初心者ってギターの音をこういう音だと思いがちなんですよね。

打ち込みしたギターの波形はこんな感じ

先ほどの波形に比べて波形の倍音が増えて「ごちゃー」っとしています。

DTM初心者の打ち込みギターって極端に歪ませ・ハイを出し過ぎ。

DTM初心者ってギターの音を勘違いしている場合が凄く多いです。

ギターの音ってここまで歪んでいたり、ここまでハイが出ているって少ないんですよ。

意図的ならまだしも、単なる思い込みでギターの音を作ってしまうとNGです。

いわゆる「ダサい打ち込みギターの音」担ってしまう場合が多いんですよね。

実際にリアルのギターってどんな音しているの?

ギター=歪みではない

では実際にリアルなギターの音を聴いてみましょう。

MIYAVIさんの一曲。このギターを聴いてみると分かるように意外にそこまで極端にギターは歪んでないですよね。

「ギター=歪み」だと思い込みすぎないようにしましょう。

ギターって案外ハイに寄っていない

リンキンパークのこちらの一曲を聴いてみましょう。

ギターの音を良く聴くと、初心者が思っているよりもそこまでハイが出ているわけじゃ無いんですよね。

実はこれはEQというよりは歪ませ方の問題なんです。

簡単に打ち込みギター音源をリアルにするテクニック

歪みは弱めに

まず初心者にお勧めな方法は、歪みはかなり弱めのセッティングにする事。

上の画像のようなセッティングから始めると良いです。

音はこんな感じです。

打ち込みギターってそんなに極端に歪ませる必要はないんです。

波形はこんな感じです。

音を聴いても多少倍音が増えて「少し歪んでるかな」程度の印象です。

でも実際には、リアルなギターってもう少し歪んでいる事が多いですよね??

これをアンプシミュレータでやろうとすると結構「打ち込みギター」のダサい音になってしまう事が多いんですよ。

ではこれをどうやって解消していいのか??

門外不出のテクニックを教えちゃいましょう。

追加の歪みはエキサイターで再現

そこで使用するのはエキサイターです!

今回は「OZONE6 EXCITER」を使用していきます。

このエキサイターは帯域毎に歪み感を調整出来る優れもので、ギターを歪ませる際に重宝されます。

これをギターに使っている人って案外少ないんじゃないですかね。

本当は企業秘密にしておきたいくらいの「ギターの音が音楽的になる」テクニックです…

音を聴いてみましょう。凄く「音楽的かつリアルな音色」になっていますよね?

波形はこんな感じ

比較的均等に歪み感が足されていますね。

これをアンプシミュレーターでやるとどうしても嘘っぽくなりがちなんです。

エキサイターだと歪みを帯域毎に調整出来ますし、EQで帯域を持ち上げた時とは全く違う音のキャラクターになるんです。

これこそ「簡単に打ち込みギターをリアルにするテクニック」です。

最終調整でもっと歪ませてみた。

最終的に歪みが少し足りないなあと思ったのでもう少し歪み感をプラスしてみました。

歪みを深くしていっても、エキサイターを使うとより音楽的な歪み方になります。

無理やりアンプシミュレータで歪みを深くした場合とはやはり大違いです。

ではここまでの音を聴き比べてみましょう。

やはり最初の音はだいぶ嘘っぽい「打ち込みギター」の音に聴こえますね。笑

打ち込みギターには積極的に「エキサイター」を使用する事をおすすめします!

打ち込みテクニックを使えばもっとリアルになります!

今回はベタ打ちのギターで「リアルな音質」を追求してみました。

ここにリアルな「打ち込みテクニック」や「もっと詳しい音作りの方法」をプラスすればもっともっと打ち込みギターはリアルになります。

ですが続きはMusicViralのレッスンで!笑

体験レッスン受付中ですよ!

本当はエキサイターもあまり多くの人に教えたく無かった…泣

まとめ

今回は門外不出「打ち込みギターを簡単にリアルにするテクニック」のご紹介でした!

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

◎Twitterフォローで記事更新をお知らせ♪

Pops作家デビューカリキュラム始動!

「AKB作家が教える。一年間で有名作曲家事務所を目指すスパルタ予備校」

“既存曲を聴くだけ”で作曲が上達する「MusicViral独自の分析術」を伝授。

AKB48や欅坂46、乃木坂46を手がける片桐周太郎の完全ワンツーマンレッスン。

一年間で、有名作家事務所の所属を目指す事に特化したカリキュラムです。

 



 

 

 

MusicViral 編集長-Z

MusicViralの情報発信担当。
音楽業界の旬な情報や作曲に役立つテクニックをあなたにお届けしていきます。

-作曲・編曲, セッション公開

Copyright© 【業界のトップの作曲家が多数】音楽スクール&情報サイト-MusicViral , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.