コラム

【DTM初心者】が陥りがちな3つのワナ

投稿日:

こんにちわ。MusicViralの編集長-Zです。

先日DTM機材の低価格化によって作曲を始める人が爆増しているというお話をしました。

【DTMの低価格化】作曲ブームと副業作曲家のススメ

目次1 ここ数年で「副業や兼業作曲家」が爆増している。その理由は?1.0.1 DTM(作曲)の機材が凄く安くなった1.0 ...

続きを見る

手軽に作曲を始め易くなっただけに、そこにはDTM初心者が陥りがちなワナが沢山隠されています。

今回はDTM初心者に向けて「DTM初心者が陥りがちなワナ」についてご説明していきたいと思います!

皆さん胸に手を当てて検証してみてください。笑




「AKB作家が教える。一年間で有名作家事務所を目指すスパルタ予備校」

AKB48や欅坂46、乃木坂46を手がける片桐周太郎のワンツーマンレッスン。
一年間で、有名作家事務所の所属を目指す事に特化したカリキュラム。

中途半端な機材を買ってしまう

DTM初心者に特にありがちなのは「中途半端な機材を買ってしまう」という事です。

特にDTMの初心者って機材に疎いじゃないですか?

「だいたいこれくらいの予算を出せばまともな機材が買えるかな〜」みたいな予算感が全くないので、楽器屋で中途半端な機材を買ってしまうんですよね。

DTM初心者は「超安物」か「超定番」を選ぶのがGood!

DTMの初心者に対して僕が言っている「中途半端な機材」というのは、「中途半端な価格帯・音質の機材」の事をさします。

例えばオーディオインターフェイス(パソコンとスピーカー・マイク等を繋げる機械)で言うと、初心者は2万円~3万円くらいのモノを買いがちなんです。

でも2万円~3万円って僕的には凄く中途半端で、「DTMを始めてみたい…」って初心者にはちょっと高いし、この先DTM初心者を卒業して色々出来るようになった時に絶対に物足りなくなる機材になってしまう可能性が凄く高いんです。

しかも正直、DTM初心者って結構挫折して止めてしまう事も多いじゃないですか?笑

それならお試しで安くて最低限使える機材を買うか、超定番で誰もがオススメしているような機材を多少高額でも買ってしまって自分を追い込む(笑)のが良いと思うんです。

DTMの先輩に機材を選んでもらうのは注意!

こちらもDTM初心者にありがちなんですが、周りでDTMがやっている人とかにオススメの機材を聞いたりすると思うんですよ。

ですが「DTMer」って自分の好みだったり自分の持っている機材をオススメしがちなんですよね。笑

ですのでDTMの先輩に機材を選んでもらうなら「客観的な視点を持っている人」や「自分が目指しているジャンルの人」に手伝って貰いましょう。

因に楽器屋の定員に選んで貰うのも個人的にはオススメしません。私は初心者の時、売れていない商品を売られた経験があります。笑

本当はプロに聞くのが一番だと思いますね。

MusicViralでは機材購入等も全てサポートしておりますよ!(宣伝)

楽器の特性や音楽理論を理解出来ていない

こちらもDTM初心者にありがちなのですが、DTM初心者ってまずは「DTM機材やソフトの使い方」の勉強に注力を注ぎがちなんです。

もちろんそれも大切なのですが…

DTMは「音楽を作る為の手段」でしかないのです。それは「手段」であって「目的」じゃないんですね。

我々はDTMを用いて「音楽」を作っている訳じゃないですか??

DTMには音楽的知識・各楽器への理解が不可欠

特に音楽経験がないDTM初心者は特に、音楽的な知識や各楽器の特性などを理解しておく必要があります。

DTMは「楽器をシュミレート」する機械に過ぎないんですよね。

DTM初心者のDEMOを聞くと「音楽的知識や各楽器への理解」があまりにも低すぎる場合が多いです。

もちろん「それはそれでカッコいい」という風になっているなら良いのですが、やはり音楽性としては低くなってしまう場合の方が多いと思います。

特にプロになってそういう知識が欠如していると、DTMから生楽器に差し替える際に苦労します。

楽器への理解が無いと演奏家に「こんな楽譜じゃ演奏出来ねえよ!」「こんなフレーズ不可能です」なんて怒られてしまいます。

DTMの操作スキルと音楽理論を平行して学んでいくべし!

DTM初心者はDTMの操作スキルと平行して、音楽理論や楽器知識を平行して学んでいきましょう。

DTMの操作スキルは比較的習得しやすいですが、音楽的な知識ってなかなか情報が無いですし難しいですよね。

一番良いのは音楽的知識が豊富な師匠を見つけたり、楽器演奏スキルが高い仲間を見つける事ですね。

MusicViralではそういった生徒同士の足りないスキルを補えるようなマッチングも行っていきます。

初心者のうちは得にスキルの高い人との交流が不可欠です。

パソコンの前で延々と悩み始める

これもDTM初心者にありがち、まずパソコンに向かって曲を作ろうとして悩んでしまいがちなんですよね。

先ほどもお話しした通り、私たちが作っているのは「音楽」なわけです。

もちろんパソコンに向かって「さあ作るぞ!」と意気込むのも有りですが、そればかりではあまり音楽的ではないですし、煮詰まりがちなんですよね。

まずは頭の中で構成やメロディーを考えてみよう

本当に初期段階のDTM初心者の場合は、ある程度パソコンに向かって操作を覚えたり、楽曲を打ち込んでみたりする時間が必要だと思います。

それに慣れてきて少し煮詰まってきたなあと思ったら、次は出来るだけパソコンに向かう時間を減らしてみましょう。

具体的には散歩しながらでもいいですし、部屋の掃除をしながらでもいいですし、「頭の中で楽曲を組み立てていく」という事をするんです。

・サビはどんな感じにしようかな?

・Aメロはこうしてみよう

・ドラムパターンはこんなのはどうだろう??

みたいな事を頭の中で組み立てていったり、鼻歌で良いメロディーが思いついたらボイスレコーダーに録音しておいたりします。

そうやって組み立てていくと自然と「パソコンの前で煮詰まる」なんて事は減るはずですし、時間をより有効活用することができます。

まとめ

今回はDTM初心者が陥りがちなワナについて解説しました♪

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

◎Twitterフォローで記事更新をお知らせ♪

Pops作家デビューカリキュラム始動!

「AKB作家が教える。一年間で有名作曲家事務所を目指すスパルタ予備校」

“既存曲を聴くだけ”で作曲が上達する「MusicViral独自の分析術」を伝授。

AKB48や欅坂46、乃木坂46を手がける片桐周太郎の完全ワンツーマンレッスン。

一年間で、有名作家事務所の所属を目指す事に特化したカリキュラムです。

 



MusicViral 編集長-Z

MusicViralの情報発信担当。
音楽業界の旬な情報や作曲に役立つテクニックをあなたにお届けしていきます。

-コラム

Copyright© 【業界のトップの作曲家が多数】音楽スクール&情報サイト-MusicViral , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.