スタジオヴォーカルカリキュラム

コンセプト

「DEMOテープ制作で学ぶ。レコーディング特化型ヴォーカル育成プログラム」

宅録、歌ってみた、仮歌、スタジオヴォーカルなど
レコーディングに特化したヴォーカル育成プログラム

MusicViralならではの「ヴォーカル育成3つのミソ」

MusicViralでは、

①歌を“見る”という新発想
②レコーディング×ボイトレの融合
③現役プロ監修によるDEMO制作

この三つの強みにより、最短でヴォーカリストとしての潜在能力を最大限に引き出す事を可能としました。

①歌を“見る”という新発想

※↑クリックで拡大出来ます。

プロのスタジオボーカルとして必要不可欠な能力。

それは「リズム」と「音程」の判断能力です。

しかし、自分の歌のリズム、音程が正しいのか、正しくないのかを判断する事は用意でありません。

「歌を“見て”判断する」というヴォーカルトレーニングは、音楽クリエイターが立ち上げたMusicViralならではの発想です。

視覚的な情報で、ヴォーカリストの成長速度を最大限高める事を可能としました。

②レコーディング×ボイトレの融合

多くのボーカリストが伸び悩んでしまう理由。

それは“自分の歌の伸びしろ”を理解出来ていないからです。

・「自分はもう既に十分素晴らしい歌を歌っている」
・「自分の才能じゃこれ以上の歌を歌うのは無理」
・「自分の歌の長所、短所が分からない」

こんな風に思い込んでいるヴォーカリストは意外と多いと思います。

レコーディングとデータ分析→ボイトレ

このカリキュラムの第一回は実践のレコーディングを行い、プロがそのデータを分析。

貴方の歌の良さ、癖、音程やリズムの正確さ、声質などを総合的に判断し、今後どういったトレーニングが必要になるのかを解析します。

また、特殊技術を用いて、貴方の歌をリズムや音程を正しく補正した「補正音源」をお聴き頂きます。

補正済み音源を聴く事により、あなたは「リズム、音程の重要さ」、「自分の伸びしろ」に気づく事が出来るでしょう。

この“気づき”こそが、第二回以降のボイトレレッスンの吸収力とモチベーションを最大まで高めるのです。

③現役プロ監修によるDEMO制作

このカリキュラムの後半では、実際のDEMO制作を行います。

貴方の歌をレコーディング、ディレクション、ミキシングするのは現役で活躍するプロばかりです。

実際のDEMO制作そのものがヴォーカリストとしての能力、経験値をあげることはもちろん。

制作したプロクオリティーのDEMOは、今後のオーディション、業界プレゼンなどに大きな力を貸してくれる事でしょう。

 

カリキュラムの概要

◆8時間+音源制作に凝縮した「スタジオヴォーカル育成プログラム」

第1回 レコーディング&ヴォーカル解析(2時間)

初回レコーディング。
レコーディングデータから今後どういったトレーニングが必要になるのかを解析。
また、特殊技術を用いて、リズム・音程を正しく補正した「補正音源」をお聴き頂きます。

 第2、3回 ボイストレーニング(2時間×2)

初回レッスンの解析結果を用いて、実際のボイストレーニングを開始します。

第4回 レコーディング・DEMO制作(2時間)

レッスンで鍛えた成果をレコーディングで発揮して頂きます。

プロの音楽制作現場と同様、ヴォーカルディレクターと共にレコーディング進めていきます。

第5回 ミキシング(遠隔)

第4回でレコーディングしたデータをプロのエンジニアがミキシング(仕上げ作業)します。

CDと同等のクオリティーのDEMOテープ、講師、エンジニアによる最終アドバイスをメールでお送りさせて頂きます。

ここで出来上がったDEMOテープはオーディションや業界プレゼンに活用して頂きます。

カリキュラム考案の経緯

仮歌、スタジオヴォーカル、宅録、歌ってみたなど…
「レコーディング」をメインに、ヴォーカリストとして活動する方が増えています。
このカリキュラムはそういった方の需要に特化したプログラムです。

 

そしてこのカリキュラムの最大のうまみは「プロと共に作るDEMOテープ」という副産物です。
正直DEMO制作の部分だけでも、カリキュラムのお値段以上の価値があると思います。

 

レッスン形態

・スタジオレッスン
(最寄り駅:下北沢・三軒茶屋・中野)

基本料金(人数限定の特別価格!!)

・全8時間+音源制作 150,000円 初回価格90,000円

エントリー

▼レッスンに興味がある。
▼プロに音楽の悩みを相談したい。
▼音楽スキルを高めて音楽を仕事にしたい。

代表講師の片桐周太郎による無料の体験レッスンを実施中です♪

人気の記事一覧

1

目次1 ここ数年で「副業や兼業作曲家」が爆増している。その理由は?1.0.1 DTM(作曲)の機材が凄く安くなった1.0 ...

2

目次1 使用するギター音源はAmpleSoundのAME1.0.1 今回は良くある簡単なフレーズをベタ打ちで打ち込みして ...

3

目次1 大手作家事務所まとめ1.1 スーパーラブ1.2 スマイルカンパニー1.3 F.M.F1.4 Digz, Inc1 ...

4

目次1 仮歌とはなんぞや2 楽曲コンペ「仮歌」の収録は必須条件3 「仮歌」はコンペの採用率を左右する?3.0.1 「あの ...

5

目次1 そもそもEDMってなんぞや?1.1 EDMの作り方。最も需要なのは「リズム=ドラム」1.2 EDM初心者の為にサ ...

6

目次1 中途半端な機材を買ってしまう1.0.1 DTM初心者は「超安物」か「超定番」を選ぶのがGood!1.0.2 DT ...

投稿日:

Copyright© 【業界のトップの作曲家が多数】音楽スクール&情報サイト-MusicViral , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.