ソフト・機材

【5分で分かる】宅録に必要な機材の紹介&解説

更新日:

こんにちは。MusicViralのスタッフです。

今回は、歌モノ楽曲制作には欠かせない歌の録音に注目して。

歌の録音に必要な機材の紹介とそれぞれの解説をしていこうと思います!



Pops作家デビューカリキュラム始動!

「一年間で有名作曲家事務所を目指すスパルタ予備校」

東京大学や早稲田大学を目指す気持ちで音楽に挑む
一年間で、有名作家事務所の所属を目指す事に特化したカリキュラム。

AKBなどを手がける作曲家片桐周太郎が完全ワンツーマンのレッスン!
一人一人に手塩を掛けて育成する為、新規生徒は月2人までの受け付けになっております。
最後の青春をかける気持ちで…本気で「音楽作家を目指す」人にオススメです。

 

録音に必要な機材

PC(パソコン)


現代の楽曲制作の必需品です!

最近は、WindowsPCなど自作できたり様々な種類があると思いますが・・・。

DTM・作曲用途として使うのであれば、特にこだわりがなければ『Mac』がオススメです。

『Mac』であれば、多くの作曲家の方が作曲用のソフトとして使用している『Logic』を使うことができます♪

レコーディングやボーカルエディット・MIXなどで使われることで有名な『Protools』も安定して動作するのも◎。

DAW(Digital Audio Workstation)

Digital Audio Workstation(デジタルオーディオワークステーション)。

通称:DAWと呼ばれる、録音用に使われるパソコン用のソフトです。

先ほど名前が出てきた『Logic』や『Protools』もDAWですね!

有名なもので、他に『Cubase』『StudioOne』などがあります。

DAWはどれが良いの???選び方は???

MusicViralでは、見た目のかっこよさや操作性の高さを併せ持っている『Logic』と『Protools』をオススメしています♪

まずは、ぜひ『Logic』や『Protools』を使ってみてください!

合わないと感じたら他のDAWも試してみて、画面や操作性の好みで選んでみるというのも良いと思います!

オーディオインターフェース/マイクプリアンプ


(※オーディオインターフェースFIREFACE UCXの画像)

マイクの出力レベルはとても小さいので、マイクレベルを増幅する必要があります!

そのために必要な機材が、マイクプリアンプです。

これからDTM・作曲を始める方であれば。

まずはマイクプリアンプを内蔵している『オーディオインターフェース』という機材を購入するのがオススメです♪

1万円前後の価格で購入できる製品や10万円〜以上の製品など、値段も性能もピンキリで様々な種類があります!

【アニソン作家が明かす】プロおすすめのオーディオインターフェイスは?

こんにちわ。MusicViral編集長-Zです。 今日はなんだかんだ久しぶりの更新です。笑 今回は、今更聞けない「オーデ ...

続きを見る

ヘッドフォン

DTM・作曲の作業で主に使われるヘッドフォンは密閉型と開放型の2種類あります!

スタジオなどレコーディング現場で定番と言われていて、有名なのが密閉型の『SONY MDR-CD900ST』という製品ですね。

それぞれの種類の特徴

イメージとして、密閉型は背面が密閉されているヘッドホンです。

密閉されているため、音漏れが開放型に比べて格段に少ないです。

逆に開放型は、音漏れし易い印象ですが、密閉型よりも音像が広がりやすくて音質面で有利なことが多いですね。

レコーディング向きのヘッドフォンは『密閉型』

レコーディングの場面では、音漏れやその他雑音は入らない方がいいですよね!

音漏れの音など入っては良くないので、レコーディングの現場では、密閉型を使用されることが多いです。

DTM・作曲がメインの方も、自宅で仮歌を録音する場面・予定があるならば、密閉型のヘッドフォンを1つくらいは持っておきたいです♪

マイク


(※Neumann総合サイトより)

画像はコンデンサーマイクの『Neumann U87Ai』。

マイクの種類で有名なのがダイナミックとコンデンサーでしょうか!

他にもリボンマイクという種類がありますね。

ダイナミックマイク

ダイナミックマイクは、比較的衝撃に強くてポップフィルターが搭載されているものもありますね。

ライブなどで使われるイメージが強いでしょうか?

実はレコーディング用のマイクとしても使われることがあるんです。

オススメのダイナミックマイクは、スタジオ定番の『SHURE SM58』。

知る人ぞ知る繊細なサウンド感で優秀な『beyerdynamic M88TG』。

クリアな高域で透明感感じられる音が録れる『AUDIX OM6』。

コンデンサーマイク

コンデンサーマイクは、マイクプリアンップから電源の供給が必要です。

ほとんどのオーディオインターフェースに備わっている、ファンタム電源と呼ばれる「48V」をONにすることで使用できます!

【ファンタム電源の注意点】
電源供給のときにノイズが発生するため、必ずマイクのレベルを下げたりオフの状態にして電源をつけましょう。

コンデンサーマイクは湿気や衝撃に弱いので、ケースに防湿材を入れたり、デジケーターと呼ばれる防湿庫に入れて保管したりします。

オススメは、スタジオ定番のコンデンサーマイク『Neumann U87Ai』。

きらびやかな高域が人気の『AKG C414』。

比較的安価かつ、それなりの音で人気の『RODE NT1-A』。

オススメとして紹介したマイク以外にも、たくさん優秀なマイクがあります♪

楽器屋で試したりして、お気に入りの1本を探してみるのもおもしろいですよ!

マイクケーブル

マイクとマイクプリアンプ(オーディオインターフェース)をつなぐのに必須です。

3ピンのXLRタイプのものが使われています!

国産メーカーのCANAREやMOGAMI、海外メーカーのBELDENやMONSTER CABLEあたりが有名ですね!

マイクケーブルは音質を左右する重要な要素なので、いろいろ試して自分好みのものを選ぶのが良いですよ!

ちなみにレコーディングのとき、ケーブルで音に味付けしたりする場面もあります♪

マイクスタンド/ポップガード

マイクスタンド

言わずもがな、マイクを固定して支えるスタンドですね。

手で持ったり、代用品で誤魔化さずに必ず用意しましょう!

ポップガード

歌のレコーディングにおいて、ノイズ防止のためにほぼ必須アイテム。

ダイナミックマイクには、ポップフィルターとしての機能が備わっているものもありますが。

あったほうが吹かれ音を防ぐことができます。

コンデンサーマイク使用の際には必須と言っても過言ではない!!

まとめ

今回は、歌の録音に必要な機材を紹介してみました。

記事内で紹介したオススメ品以外にも、安くて良い機材たくさんあります!

楽器屋などでお試しして自身にあったお気に入りの機材を探してみてください♪

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

◎Twitterフォローで記事更新をお知らせ♪

◎Facebookイイネ宜しくお願いします!



Pops作家デビューカリキュラム始動!

「一年間で有名作曲家事務所を目指すスパルタ予備校」

東京大学や早稲田大学を目指す気持ちで音楽に挑む
一年間で、有名作家事務所の所属を目指す事に特化したカリキュラム。

AKBなどを手がける作曲家片桐周太郎が完全ワンツーマンのレッスン!
一人一人に手塩を掛けて育成する為、新規生徒は月2人までの受け付けになっております。
最後の青春をかける気持ちで…本気で「音楽作家を目指す」人にオススメです。

 



MusicViral記事作成スタッフです。
業界知識や作曲、編曲の事など、記事で徹底解説していきます!

-ソフト・機材

Copyright© 【業界のトップの作曲家が多数】音楽スクール&情報サイト-MusicViral , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.