作曲・編曲 ソフト・機材

【リバーブとは何か?】素人は知らない裏技も紹介

更新日:

こんにちわ。MusicViralの編集長-Zです。

皆さん「リバーブ」とは何かご存知でしょうか?

カラオケ等で言ういわゆる「エコー」って「リバーブ」の事を指します。

ちなみにカラオケ等でいう「山びこ」は「ディレイ」の事ですね。

今回は「リバーブとは何か」について徹底解説していきたいと思います。




「AKB作家が教える。一年間で有名作家事務所を目指すスパルタ予備校」

AKB48や欅坂46、乃木坂46を手がける片桐周太郎のワンツーマンレッスン。
一年間で、有名作家事務所の所属を目指す事に特化したカリキュラム。

リバーブとは何か?


まずリバーブとは何かについて解説していきましょう。

リバーブとは簡単に言うと先ほどもいったように「エコー」の事ですね。

演奏ホールや洞窟、トンネルなどで声が響くような効果を「リバーブ」と総称します。

ディレイとの違いとは?

リバーブは“空間系”と呼ばれるエフェクトの一つです。

類似しているものとしては「ディレイ」というモノがあります。

先ほども記述しましたが、ディレイはいわゆる「山びこ」の用に原音を一定周期で繰り返すものを指します。

それに対して「リバーブ」は原音をそのまま響かせたような響きになります。

類似していますが、違うモノなので気をつけましょう。

因に設定によってはディレイをリバーブっぽくしたり、リバーブをディレイのように聴かせたりする事も出来ます。

ちょっと難しいですかね?笑

リバーブを使用する事の意味や効果は?

リバーブを使用する事の意味は主に「音を馴染ませる」事にあります。

例えばリバーブを使用する代表的な例としては「歌」ですよね。

歌って完全なDRY(響きの無い状態)だとどうしてもカラオケから浮いてしまうんですよね。

歌をよりカラオケに馴染ませる為に“空間系”と呼ばれるリバーブやディレイを駆使していきます。

またリバーブには「幻想感」を出したり「浮遊感」を出したりするエフェクト的効果もあります。

リバーブの種類とは?

リバーブには複数種類があります。

リバーブの種類に関しても解説をしていきましょう。

ホール系リバーブ


ホール系リバーブはいわゆる「演奏ホール」をシュミレートしたリバーブです。

イメージとしては、広い空間で反響が長く続くような効果を得られることが多いです。

ストリングスなどのクラシック楽器にはホール系リバーブがマッチすることが多いです。

プレート系リバーブ


まだDTMが発達していなかった時代、金属の鉄板を何枚か箱に入れて、リバーブの効果を生み出す機械がありました。

それを「プレートリバーブ」と呼びます。

これをシュミレートしているのが「プレート系リバーブ」です。

ボーカルなんかにマッチする事が多いです。

ルーム系リバーブ


ルーム系リバーブは「部屋の反響」をシュミレートしたリバーブです。

例えばバスルームの反響なんかはルーム系リバーブとも呼べますね笑

ドラムやギターにマッチする事が多いです。

素人は知らないリバーブを効果的に使う方法

ここまででリバーブの意味や効果等を解説してきました。

では具体的にリバーブをどうやって使っていけばいいのか解説を進めていきましょう。

リバーブを一種類しか使わないのは勿体ない!

結構素人の方に多いのですが、リバーブを一つだけしか使っていない人って多いと思うんですよ。

実際プロの現場ではリバーブを複数種類用意して組み合わせる事が多いです。

僕のオススメは

①ステレオ感の強いローカットされたホール系リバーブ

②プリディレイ長めのプレートリバーブ

③場合に応じてルーム系リバーブ

この三つや更にディレイ等を組み合わせて使う事が多いです。

「リバーブのEQ」を調節しないのはもったいない

「リバーブのEQ」を気にしていない人ってめちゃくちゃ多いと思います。

僕はリバーブにもがっつりEQを掛けます。

リバーブのせいで音像がモコモコしてしまうことって結構多いんですよ。

場合に応じてローカットしたり、EQを調整する事でそういった不具合を解消していきます。

一曲の中でもリバーブの組み合わせや強さを調整する

一曲の中でもリバーブの組み合わせや、リバーブの深さを調整するとより音楽的になります。

例えばボーカルのロングトーンの語尾だけリバーブを突いたり、落ちサビだけリバーブを全体的に深くしたりする事はプロ定番のテクニックです。

一曲の中でリバーブを組み替えたり、突いたりする事で、音楽がよりドラマチックになる効果が得られます。

これをやらないのは勿体ないですよ!

筆者オススメのリバーブを紹介

最後に筆者オススメのリバーブを紹介していきましょう。

筆者が実際に制作で活用しているリバーブ達です。

ぜひ参考にしてみてください。

これを買っておけば間違いない!

PCMのリバーブパンドルです。

リバーブの定番機「レキシコン」のシュミレートプラグインです。

何と言っても使い易い操作性と見易さ、そして素晴らしい音質の良さがおすすめポイントです。

僕はこれが無いと仕事にならないってくらい活用しています。

Wevesのリバーブならこれ!

プラグインメーカーの大手Wevesからも沢山のリバーブプラグインが発売されています。

僕としては一番使い易いのはこの「H-Reverb」です。

設定もしやすいですし、音質も良いです。

デメリットを言うと少しだけ動作が重めです。

まとめ

今回は「リバーブとはなにか」について解説しました!

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

◎Twitterフォローで記事更新をお知らせ♪

Pops作家デビューカリキュラム始動!

「AKB作家が教える。一年間で有名作曲家事務所を目指すスパルタ予備校」

“既存曲を聴くだけ”で作曲が上達する「MusicViral独自の分析術」を伝授。

AKB48や欅坂46、乃木坂46を手がける片桐周太郎の完全ワンツーマンレッスン。

一年間で、有名作家事務所の所属を目指す事に特化したカリキュラムです。

 



MusicViral 編集長-Z

MusicViralの情報発信担当。
音楽業界の旬な情報や作曲に役立つテクニックをあなたにお届けしていきます。

-作曲・編曲, ソフト・機材

Copyright© 【業界のトップの作曲家が多数】音楽スクール&情報サイト-MusicViral , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.